運呼神社

2016年10月09日

セルフメディケーション税制

ロキソニン等の薬の購入額が年間1万2千円を超えると、その購入費用について所得控除を受けることができるようになります。
「セルフメディケーション税制」と呼ばれるのですが、これは平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間適用されるそうです。

詳細は厚生労働省のホームページで。

その年中に支払った該当する薬の合計額が1万2千円を超える場合、その超える部分の金額で8万8千円までが控除の対象になります。
例えば、年間2万円の薬を買ったとすれば、20,000円−12,000円=8,000円が対象の金額です。
まるまる8,000円が控除される訳ではありません。
これに所得税率を掛けたものが控除金額となります。(所得税率は収入により変わります)

具体的に計算すると、給料が年間500万円(社会保険料15%と仮定)で独身の人が年間3万円の薬を購入した場合には、
(30,000円−12,000円)× 10%(税率)= 1,800円
1,800円税金が少なくなります。
住民税まで考慮すれば(住民税の税率10%)、また1,800円税金が少なくなります。

ただし、医療費控除とのダブル適用はダメなので注意しましょう。

医療費を10万円以上払っているのであれば、医療費控除で一緒に計算すれば良いでしょう。
でも、10万円の足切りに引っ掛かって医療費控除が受けられない場合には、このセルフメディケーション税制が効力を発揮します。

さて、問題はどの薬が該当するのかということですが、結構あります。
こちらをご覧ください。 ⇒ 該当する薬

私は「エキセドリン」のお世話になりますが、対象の薬になっているのでラッキーです。

このブログをご覧になった方、薬のレシートは捨てないで大事にとっておきましょう。
ちなみに、自分が購入した薬だけでなく、配偶者や親族が購入した分までOKですよ。

運呼神社

運呼神社

Yahoo予約.png
posted by 運呼神社神主 at 23:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: